ありにちち 蟻に乳

ありにちち(蟻に乳)

赤ちゃんへの授乳時に、乳がはって余ってしまうお乳をむやみに庭などにしぼって捨てたりするといけないとされてるもので、蟻[あり]がこれをなめとってしまうと、もうお乳が出なくなってしまうといわれてました。

なので、お乳をしぼって捨てるときは蟻にとられないように、川の流れに向かってやるようになどといわれてたソウナ。

☆ 莱莉垣桜文 附註
江州高島郡などをはじめとした各地にある俗信。乳の出に関するものには他にも砂糖がよくないとするもの(「ちぼしむし」)などもあります。

和漢百魅缶│2016.04.05
Design. Koorintei Hyousen 2016