しじゅうくにちのもち 四十九日の餅

しじゅうくにちのもち(四十九日の餅)

土州幡多郡の月灘村などにつたわるもの。亡くなったひとのたましいは49日のときにつくる四十九日の餅のうちのひとつ(屋根のうえに投げ上げる)に乗っかって家から出てほとけさまのもとへ飛んでゆくと言われてたそうです。

そのとき屋根の上に投げた以外の四十九日の餅は、魔除けなどにも使われてて、海に出るときに持っていると海の魔物がよってこないとも言われてたソウナ。

和漢百魅缶││2015.03.16
Design. Koorintei Hyousen 2015