さんぼんあし 三本足

さんぼんあし(三本足)

下総の竜崖山[りゅうがいさん]にあった栗巻弾正[くりまきだんじょう]のお城である竜崖城を守っていたというおきつねさまで、三本足稲荷に祀られていました。いくさの時に足を一本うしなって三本足になったんだと言われています。

☆ 莱莉垣桜文 附註
いくさがたけなわな時代にお殿様を守護してた話がある狐には、ほかに肥前玖島城の「しろうざえもんぎつね」などがいます。足が三本というのは三州の「おとらぎつね」陸奥の「さんぼ」と関係があるのかも知れません。

和漢百魅缶│2012.02.08
Design. Koorintei Hyousen 2012