< title>しょうじんがいけのぬし 精進池の主│和漢百魅缶
しょうじんがいけのぬし 精進池の主

しょうじんがいけのぬし(精進池の主)

相州の箱根山にある精進池の主で、大蛇の姿をしていると言います。娘の姿に化身してひとりの人間の男と仲良くなり「そなたにだけ」と、大水が出て池のまわりが流されてしまう事を告げましたが、その男が村のひとにも知らせてしまったた結果、ふたりともいのちを落としてしまいました。

和漢百魅缶│2010.05.07
Design. Koorintei Hyousen 2010