つばきのえだ 椿の枝

つばきのえだ(椿の枝)

むかし、お釈迦さまが亡くなりそうになっていたとき、薬師如来が「おつかい下され」と霊薬を投げたのですが、椿[つばき]の枝がこれを引っかけて止めてしまったので間に合わず、お釈迦さまは死んでしまったなどと語られてます。

☆ 莱莉垣桜文 附註
常州新治郡など、「お墓に椿の木を植えるものではない」ということの由来のはなしとして語られてたりします。

和漢百魅缶│2021.02.02
Design. Koorintei Hyousen 2021